ランサーズってどんなサイト?本当に稼げるの?

ランサーズってどんなサイト?本当に稼げるの?

webデザイナーのスキルがあればランサーズで仕事の請け負いが可能です

ランサーズとはクラウドワークスと並び国内最大規模のクラウドソーシングサイトです。
フリーランスでIT系やライティングのお仕事をしている方ならば知らない人はいないというほど有名なサイトであり、日々、多種多様な案件が登録されています。
その中でもwebデザイナーとしての技術をお持ちの方は、ランサーズの登録案件を請け負うことで、お仕事の幅や収入が大きくupする可能性があります。

webサイト作成のお仕事は他の案件と比べると高額な報酬が設定されており、10万円以上のお仕事も多いため、もし定期的にお仕事を受注できるようになれば、副業の域を超えて本業にできる可能性も十分にあります。

ただし高額な案件はサーバーの準備からコーディング、SEO、デザイン、バナー作成などの素材関連に至るまで、webサイトを作成する上で全ての技術が求められるケースが殆どですから、応募(提案)する際は自身の技術で対応可能かよく見極めることが重要です。

もし統合的なお仕事だと厳しいと言う方でも、例えばwordpressが分かれば作業可能という案件もあります。
もしくはトップページのみ作成といった案件もありますので、自身の技術やスケジュールとよく相談した上で、本業の仕事の傍ら、副業としてランサーズでお仕事をするといったやり方ももちろん可能です。


プロジェクト形式かコンペ形式かどちらのお仕事を狙う?

webデザインのお仕事はプロジェクト形式かコンペ形式かのどちらかになりますが、双方の形式の特徴をよく知った上で自分に合った形式を選ぶことが重要です。

プロジェクト形式は、その名の通りお仕事を一つのプロジェクトとして進めていくスタイルになります。
まず企業(依頼主)が提示した要件をもとに、ワーカーが提案を行います。
すると次に企業(依頼主)が、集まった提案及びワーカーのプロフィールなどを見て、最も適任と思ったワーカーを選び、お仕事の発注を行います。
晴れて選ばれたワーカーは、デザインやコンセプト、納期などを都度、依頼主と相談・確認しながら作業に取り組みます。
お仕事が終わるとランサーズからワーカーに報酬が振り込まれますが、未払いなどのトラブルが無いように仮払いサービス(依頼主は予めランサーズに報酬を支払わないといけない制度)を取っていますのでご安心下さい。

コンペ形式は、ワーカーが企業(依頼主)の要望にかなった完成物を提出し、その中から企業が良いものを一つだけ選ぶという形式になります。
プロジェクト形式と比べて打ち合わせの手間が無いのが大きな違いですが、選ばれなかった場合は無報酬で作業をしたということになります。
そのため競争に勝ち抜くことが稼ぐポイントになりますから、応募済みの他の作品をよく見て作業に着手するかどうか決めるといった戦略が必要です。


『ランサーズ』webデザイナーやプログラマーが多数利用!アンケートも必見!

概要
登録者数:20万人
サイト登録料:無料
利用手数料:報酬の5%~20%
最低支払額:1,000円

支払方法
報酬のお支払いは15日締めの30日払い、30日締めの翌15日払いの2回制です。
⇒さらに詳しい説明はコチラ

ランサーズの詳細確認や、無料登録は上記公式サイト内から行って下さい